2008年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年03月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

休まないで~!

今日、朝方、「ふぃりー」から携帯にメールが入る。
歯が痛すぎて、今日はお休み」
(*_*)ビックリ!
休むなよ~ぉ!


というわけで、リンダがちょこちょこ手伝ってくれたものの、
馬房掃除10房グルーミング16頭
hack(外乗)のエスコート1回、
馬装21回、ぜーんぶ一人でやりましたさ。ふふんっ。

もちろん、それ以外のヤード仕事もありましたさ~。
というわけで、今日はモミジにのる気力がありませんでしたわ。
すまんの、モミジ。


今日は、ハミの説明でも。


上が、ジャンピング(障害)、クロスカントリー(野外走行)時に
使用しているギャグです。
正確にはDutch Gagといいます。
手綱を一番大きいリングに付ければ、水勒ハミと同じ作用になり、
その1個した、2個したの小リングに変えると、作用が強くなります。
よっぽど大暴走しそうでない限り、1個目の小リングで使用します。
春のシーズン最初のクロスカントリーなどは、2個目にしてます。

下が、普段の水勒ハミとしているFulmer Bitです。
このハミを選択したのは、
モミジにはsingle Joint(真ん中のつなぎが1つ)が適していたこと、
チーク(上下に飛び出ているバー、馬が寄り掛かる事もある)が
必要だったことと、
私の乱暴な手の作用を和らげるためにはルーズリングで有る
必要が有ったからです。
上の条件をすべて満たすのは、このハミしかなかったのだ(^-^;ゞ

この写真では分かりにくいけど、
実は両方ともハミの身の部分が、普通よりかなり太いタイプを利用しています。
その方が、モミジの受けがよいので・・・。


| もみ | 06:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT