| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

すっきり、猫若さん。


今朝は、夜明け前に
馬達を放牧して、
猫若さんを朝一で獣医さんへ、
お届け。

昼過ぎには、無事麻酔から覚めたとの連絡がありました。

迎えに行くと、にゃーにゃー待合に響く声。

おしゃべりーねー(といつもいわれる・・・)

帰りの車内も、ずーっと鳴きっぱなし。
玄関入った途端に、ぴたりと鳴き止みました。

上の牙も含めて
5本も抜いたんだってー。
そんなに酷いとは思わなかったよ、済まんね。
痛かったら、すこしは痛そうにしてよぉ。
もりもり食べるから、あんまり心配していなかったよ。
御免ね。



僕は、まだ大丈夫。
かな。
通りすがり風の福寅さん。

171212-2.jpg

| | 22:21 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

教育的指導、入りました。

ばしっ。


「やべっ」     「・・・・(怒)フツフツ
061011-2.jpg

「ひいい~」           「教育的指導!!」ガブッ~
061011-3.jpg

「ごめんなさいっ」        「反省した?」
061011-4.jpg

年上は敬いませう。

福寅さんはよく猫若さんの顔に手を置いては、
叱られています・・・・。

| | 20:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

くさい仲。

猫若さんは、人の顔が大好き。
常に、人のアゴに自分のアゴをスリスリ。
特に「でこ」君のアゴヒゲがたまらないらしい。
寝る時は、でこ君にぴったりくっついて寝ている。

福寅さんは、人と顔をちかづけるのがお嫌い。
いつも背けてしまうのです。

でも、とんぶーの腹の上では寝たいらしい。
必然的に、こうなる・・・・。



どうして、くさいほうを人に向けるのかえ?
130911-2.jpg
ま、ふかふかで、抱き心地がいいから、許す。

ある週末の昼下がりでした。

| | 20:51 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

だらり~ん。

今日、とんぶーは、スンゴイ腹痛に襲われて、
ベッドでのたうち回ってしまいました。

救急車を呼ぼうかどうか、本気で悩んだ・・・・。
でも、悩める位だから、まだ大丈夫とおもって、
布団被ってひたすら耐えてみました・・・・。

よく分からないけど、夕方には、収まりました。

添い寝してくれる福寅さん。


緊張感、ありません~。
260711-2.jpg

| | 21:20 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

福チャンと病院。

福寅さんは、金曜と土曜と、病院通いでした。

RSPCAに保護された時から、なんかのアレルギーで
皮膚にかさぶたが出来ていたらしいけど、
その症状は年に一回ぐらい戻ってくる。

去年も、5月に獣医のお世話になっているので、
なにかこの季節特有の何かに反応でもしているのか。

ほっとけば治るかな~と思いながらも
なかなか治らないので、金曜日に獣医につれてゆき、
お薬を一発うってもらう・・・・
260611-1.jpg

そして、その晩に、抗生物質をのましたら、
吐く、吐く・・・・(T。T)
明け方まで1時間に一回位の頻度で戻し続けて
徹夜明けのショボショボした目で、
土曜日にも、獣医につれてゆく。

取りあえず、胃を落ち着かせるお薬を
うってもらって、様子見。

本当に辛かった時には、タンスの下に
篭ってしまっていたけれども、
お薬のあとは、少し落ち着いたようで、
トンブーのお腹の上で、寝続けていた。
260611-3.jpg
この間、私ネットする以外の活動が出来ませんでしたが、
「良くなれ、良くなれ」となで続けて見る。

夕方には大分落ち着いたようで、
260611-4.jpg
やっと私から離れて転がり・・・・

お腹をさすってと要求するなり。
260611-2.jpg

この後、もう一度吐いちゃったけど、それがラストのようで、
今は元気にな福チャンに元通り。
ほっ。

福チャンがゴロゴロ喉を鳴らさないと、不安でした。

| | 21:08 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT