| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

モミの産院と愉快な仲間達?


さて、2014年7月18日にめでたく受胎したモミちゃんは、
その後も、脚の怪我の様子を見ながら、
ひたすら歩くだけを60分まで伸ばし、
その後、トロットを5分、10分といれ
ほぼハックだけの生活をおくり
冬も無事に超えました。

2月の終り頃には5分くらいキャンターも出来るくらいになりました。

さてさて、おらがヤードは
広くてのんびりしていますが、
他に妊娠している馬もいなければ、
最近馬の出産を経験した人もいない・・。
とんとでこは、もちろん未経験・・・。
少し不安・・・。

ということで、伝手を頼って、
他にも出産を控えている
ママ馬のいるスタッド(繁殖牧場)に
モミちゃんを移動しました。
その環境に対する免疫などを付けるために
好ましいのは出産3ヶ月前ということで
3月7日に引き移ってきました。

前より、小さいパドックだし、
あまり草も生えていないしで、
すこし落ち着かなかったモミちゃんも、
1ヶ月たって、ようやく落ち着きました。



こちらがモミちゃんに、
教えてくれるベテランママ馬さんたち。
ぱんぱんです。

仲良くグルーミング。
th_IMG_1014.jpg
もういつ生まれてもおかしくない状態です。

白黒コンビ。
寝ながら、喰う・・・・。
th_IMG_1016.jpg

去年の仔馬、バーディ。
ちょう可愛い。
th_IMG_1020.jpg

バーディの子守役、ロマニー姉さん。
こちらも寝ながら喰う。
th_IMG_1018.jpg

ゴージャス、ジョージ君。
2頭いるスタリオンのうちの1頭。
th_IMG_1023.jpg

こんな面々で、ちゃくちゃくと出産に備えております・・・。

予定は6月18日です・・・・。


スポンサーサイト

| もみ | 22:36 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

もみじベイビーへの道(4)



馬のFollicle(卵胞)は大体2センチぐらいからスキャンでみえるようになり、
3.5センチ以上になったころに排卵されるそうで。

前回、7日かかったものが、
今回は早くて、どんどん大きくなってしまう。

th_IMG_4988.jpg

予想では6月17日ぐらいに排卵予定・・・・。

とおもったら、その週、
私はまたバルセロナに飛ばされて(ノД`)・゜・。
めったに出張なんかさせないケチな会社なのに、
どうして、こう私とモミジの馬人生で一番大事かもしれないときに!

でこ君が一人でも頑張る!というので、
でこ君と獣医さんにまかせて
私は泣く泣く機上の人に。

th_IMG_0175.jpg

でこ君から明日だ!という連絡をうけて、
バルセロナから、電話で再びブツを注文。
バルセロナの空の下、届いたかな~。
もう、ブシュっとしたかな~。
とやきもきしてました。

6月17日。
今回は無事に朝10時前に届いたようで、
でこ君からも獣医さんからも
無事に終了という連絡がありました。
念のために抗生物質をいれたのと
翌日、翌々日の生理食塩水での洗浄もしたらしい。

そしてまた2週間待つ。

今回は、期待しない期待しないと
ゆったりゆったり構えてみる・・・。

そして、きた7月4日。

th_IMG_4989.jpg

またどきどきと・・・・。

でも、スキャンのスクリーンをみた瞬間わかっていた。
いない・・・・。

獣医さんがまた念入りに
調べてくれたけれども
スクリーンにはそれらしいものは
なにも見当たらない。

がっくり・・・・・。

でも、獣医さんはパターンが出ていないから
ひょっとしたらひょっとするかもということで
また数日後に確認するということで。

以前、書き忘れてしまったけれども、
卵胞が大きくなり始めると、
それにあわせて子宮の壁もあつくなるからか(この辺は全く素人の感想です)
スキャンしたときに、シマシマのラインがスクリーン上に観察できます。
これが排卵がちかづくと
どんどん濃くなっていいきます。

1回目のAIが失敗が確定したときのスキャンでは
もうシマシマが見えていたので、
次のサイクルが始まっていると
断言できたのです。

今回は見えない・・・・。
ひょっとして遅れてきた仔がいるかも、
ということで2日後にスキャンしてみるも、
いない・・・・。

むむむ。

モミは高齢だし、未経験だし、
やっぱり馬神様が、生ませるべきでないとか
メッセージを送っているのかなー

私がやっていることは間違っているのかなー

費用も大分掛かってきたなー

モミはやっぱり引退させて、すぐ乗れる若馬とか買ったほうがいいのかなー

とか、心はいろいろ乱れるばかり・・。

続きます・・・・


| もみ | 16:15 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

モミのお腹・・・。


もう2月ですが、ご挨拶が遅れて大変申し訳ありません。
2015年のお喜びを申し上げます。

昨年も今年も、ノロノロの更新ですが
宜しくお願いいたします。

ブログの記事的には
まだ、モミの人工授精の途中でございますが
ブログの更新が間に合わないまま
モミちゃんは妊娠7ヶ月目に突入しました。

タテガミも体毛も伸び放題で、
放牧も馬着なしという
妊婦スタイルを満喫しております。

腹帯のサイズが42インチから48インチになりましたが、
まだ乗せてくれます。



今年になって、お腹が突然目立ってきました。

momi010215-2.jpg


あと4ヶ月です・・・。
ワクワク、ドキドキ・・・。





| もみ | 20:55 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

モミジベイビーへの道(3)

さて、わくわくとどきどきで眠れなかった5月24日朝。


前日に採集されたものは、
馬病院に届けてもらい、
獣医さんが精子の様子をみてから
ヤードにきてという予定になっており
病院に朝10時前指定で送られているのに、
まてど暮らせど届かない・・・。

最初に渡英した10年前より大分よくなったよねーとか
思っていた、イギリスの宅配事情、
大事な大事な時に見事しくってくれました。orz...

追跡に追跡を重ねてみてみると
朝7時に最寄りの配送所についていたのに、
勘違いで8時の配送の際に積まれず、電話の文句で
ようやっと12時に積み込まれたという(T_T)

やっと届いたものをもって獣医さんが到着。

こんな味気ないシリンジにはいって
届くんですね(^-^ゞ

sperm.gif

再びスキャンして、右の卵巣からでそうだ!というので
チューブを右寄りにあげて、
シリンジでぷしゅっ。
まあ、なんともあっけなかったです・・・・。

高齢の馬の場合、筋肉の動きがあまり良くないこともあり、
自分で子宮内に残った液体を押し出すことができないこともあるため
翌日確認のためまたスキャン。

(この頃になるとモミちゃんは、ルーチンを覚えて、
獣医さんがスキャンしやすい位置に自分で立つように・・・・)
ええこや・・・・・(T_T)

液体はたまっていなかったけれども、
念のためということで生理食塩水2リットルで洗浄。

翌日は1リットルで洗浄。

そして後は2週間、ひたすら待つだけ・・・・・。

momi.jpg
[AI直後のモミジさん]

その間、私は、バルセロナに10日間(2週)の
出張に送られることになったものの、
受精卵の確認をする6月10日は絶対に戻っていたいとゴネたら、
なんと6月3日から6月9日で送られました〜。
(でも色々あって、6月6日の最終便で帰ってきちゃったけど)
そしてホントは6月11日にまた飛べと言われていた・・・・。

そして、夫婦してドキドキ、ドキドキ、
ドキドキして迎えた6月10日。

ヤード仲間は、顔が優しくなったよとか、
親っぽい顔になったとかいろいろ適当に言って
かなりあおるしー。

でも、獣医さんが丁寧に
スキャナを何度も動かすものの、
「残念ながら・・・・」

夫婦でがっくり。

でも、卵巣の状態から排卵したことは確認でき、
馬は複数の卵子を数日の間に排卵するので、
念のため3日後にもう一回スキャン。

結果はやはりネガティブ(T_T)

そして再びシーズンに入り始めているとのこと。
シーズンに入ると、1週間前後でまた排卵するので、
なので、再び、タイミングを見計らって人工授精を試みることに。

はあ、そう簡単にいくとは思わなかったけれども、
いろいろ盛り上がっていただけに、
結構がっくりきました。

| もみ | 23:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

モミジベイビーへの道(2)

と言うわけで、
産ませるという禁断の道で決心がついたら、
スタリオン・ハンティング。

繁殖には、Fresh Covering (実際スタリオンが上にのるやつね)
と人工授精(AI)があり、さらに、人工授精にはFrozen(冷凍)と
Chilled(冷蔵)の2種類がありました。

突然のことだったので、
事前の色々な感染症検査などを受けておらず、
また、まだ怪我をしたばっかりで、
スタリオンの重みに耐えられないかもしれないために、
Fresh Coveringは落選。

また高齢であり、確率がかなり悪いFrozenもダメとなり、
Chilledになりました。

モミの仔なら、なんでも良いといいながらも、
実際、精子を買うとなったら、
脚が長くてー、良く飛んでー、
あんまりガタイが良すぎない、
細いタイプが良いなーと欲張って見たり。
色々見て回ってみましたが、
お値段はピンからキリまで。

そのうち、フィオナが
ウエールズの知り合いの所に
良い感じの馬がいたというので、
その方にコンタクトをとって見ました。

この馬です。


その若駒はいま調教と箔付けをかねて、
預託中だけども、今のライダーが良いよといえば良いよ
とのことで、そのライダーの連絡先をもらう。

そのライダーとは・・・・・

天下のジョン・ウィティッカー氏だった・・・・・・。

彼が目を付けた馬だったのか。
そりゃ飛ぶだろうな。

話をしてみて(ご本人じゃありませんが)
いろいろオッケーとはなったのですが、
最後の最後で、いま競技中なので
タイミング的にFrozenしか
渡せないとなり、断念。

他に誰かいないかーと探し、
フィオナの知り合いのブリーダーさんの
お勧めで、こちらの方。

お名前は伏せて、
F氏。

Olympic馬のFor Pleasureを父にもつほそっこい子。

うちの馬、血統とかはっきりしてませんが、
いいですかね?と尋ねたら、
オッケー。
(まあ、商売ですから)

あとは、モミのタイミングを見計らって
24時間前に注文をだせば、
翌日には冷蔵ボックス入ったものが届くとな。

はあ。
そうやって簡単に買えるんですね。
初めて知りました。

さて、次はモミのタイミング。

卵巣の様子をみながら、
まだ次は5日後で大丈夫、
次は2日後、
と頻繁にスキャンし、
明日排卵しそう!
という時に電話でオーダー!

最初の人工授精は5月24日になりました。





| もみ | 22:46 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。