| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

マスタートン合宿1日目。



もみちゃんは、2018年6月6日、無事に21歳になりました。
21歳にしては、ぷりぷりして、とても元気だと思う。
目指せ30歳。
-----------
そんなもみちゃんの体調管理の一部として、
マッサージを習い始めています。
毎回、マッサージさん呼ぶのはお金がかかって大変だから
自分でやるべ。
最初は、馬の指圧の本などをよんで、
ちょぼちょぼとしていたのですが、
どこまでできているのか、本当にもみちゃんは気持ちいのか。
悩んでいるときにであったのが、
マスターソンメソッド・ボディーワーク

馬の、本当に小さな反応を読み取りながらマッサージするこの方法は
すこしずつすこしずつ馬の体にたまったテンション(張り、凝り)を減らしていく方法で、
馬と一緒にやる、馬の協力がないと成り立たない、
力をほどんど使わないという点が
非常に気に入ったのです。
ユーチューブなどを見ながら、ちょぼちょぼと真似していたら、
なんと、この方法を編み出したジム・マスターソン氏自身が
イギリスで週末ワークショップを行うと聞いて、参加したのが去年の9月。
参加してみて、触りだけですが、実際にハンズオンで教わると、ちょー面白い。
馬が、無反応?いや、ちょっと何か感じてるぞ。
ちょっともぞもそしてきたぞ。やあ、大あくび―!
という過程が。

うーん。もう少し習ってみたい。
ということで、今回は、車で3時間もはなれたソールスベリーでの
5日間のワークショップに参加してしまいました。
もちろん、泊りがけ。
日曜日にデコ君がわざわざ送り届けてくれましたよ。

ストーンヘンジを見ながら、たどり着いたのは、
素敵なコテージ。
IMG_4805.jpg

このコースの参加者は12名、ほとんどが1つの
自炊のできるファームに滞在しているけれども、
私だけあぶれて、一人B&B。
みんなで、夜な夜な馬とか語り合うのかと思っていた私はちょっと残念。
でも、B&Bのオーナーのレイチェルさんは、
10年も前にマスターソンメソッドの資格をとっているという
人間の指圧や、クラニオセイクラル・セラピーを行っている人で、
どっぷりつかるといいよということで、
様々なマッサージの本やDVDを貸してくれました。

そのあと、二人で周りを散歩してから、就寝。

コテージの前の牧草地は、なぜかアルパカの群れ。
IMG_4734.jpg

寝室からの眺めはサイコーです。
IMG_4738.jpg

翌日月曜日。1日目。他のみんなが滞在しているファームに
レイチェルさんに送ってもらってから
みんなでお茶しながら、自己紹介。
今回は、アイルランドから2名、オランダから3名、ドイツから1名、
フランスから1名、スコットランドに住んでるポーランド人と、
ケンブリッジに住んでいる日本人(私ね)とイギリス人4名の顔ぶれ。
前の週末ワークショップの時にあっているひとが4人もいたので、気楽。

そのあと、三々五々と車に乗り込んで、最初のヤードに向かいます。

到着したのは、ビクトリア時代からの納屋を
きれいに改築してあるマナーファーム。
個人経営のリバリー(預託)です。
IMG_4740.jpg

前の日まで、チョー暑かったのに、
この日は寒くて寒くて。持ってきたすべての上着を着こんだ私。
ズボンの下にはくレギングスももってくればよかった(>_<)

この日は、ジムが先ずおさらいと、新しいテクニックをデモンストレーションしてから、
2人1組で実践練習へ。

私は、スコットランドに住むポーランド人のシモーナといっしょ。
IMG_4743.jpg
↑この子。
お名前忘れちゃいましたが、うなじ(Poll)のコリがひどくて、
鼻に手を当てようとするだけで、ソッパしちゃって、
グループ内でもっとも背の低い私とシモーナ、
文字通り手が出せず(届かない)。

そういう時は、気にせずに、届くところから。
ということで、肩甲骨周りのほぐしから始める。
シモーナと交互に練習していくうちに、だんだんおとなしくなる馬。
気持ちいのと、脳内エンドルフィンがでているからか。

お昼の後に戻ると、大分リラックスして、
取り合えず鼻に手をあてて、
かるくほぐすことができるようになりました。
すごいなぁ。
うれしいな。

IMG_4747.jpg
↑ジムご本人。この時は、まだ遠慮しいしい写真を撮っている私。馬はクラウディオ。

IMG_4745.jpg
↑このクラウディオ君。私が馬ライフの6号に書いた、Loss of Useの焼き印が。

この日は、5時ぐらいには、すべて終了し、帰宅。
レイチェルさんのキッチンを借りて、持ってきたレトルトごはんを食べる。
なんと、電子レンジもTVもない。。。
電子レンジでチンしようと思っていた私はしょうがないから湯せんで温めたさ。
なので、お庭で暮れ行く風景と、鳥の声と、アルパカの声をお供にのんびり御飯。
こういう時間もいいかもな。とおもいながら。

でも、お湯はたっぷりでる!ということで、
一人ゆっくり湯船につからせてもらってから、
就寝しました。ラッキー。

B&Bの中はあちこちに馬の置物や絵がかざられていて、
1つ1つをレイチェルさんと話し合って楽しかった。
彼女は、この絵を女性と赤ん坊とみたけれども、
私は、男性と小さな妻を見たりして、その差に面白いねぇと。
IMG_4804.jpg

↓お庭のバラ。香りもよかった。
IMG_4732.jpg

もちろん、更新の遅いこのブログですが、
合宿2日めに続く予定です。

にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
にほんブログ村




| 日記 | 13:26 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2月に入って



2月にはいって。。。少しやる気でてきました。

なので、2月3日
ほぼ3年ぶりぐらいのレッスン。

お相手はMAX君。

感想は。。。
45分持ちそうもなかった。
かなーりきつかったですわ。
脚も腰もこぶしもまーったく思ったように動かない。
かなり、フィットじゃなくなっていることを痛感しましたぁ。

で、2月5日の日曜日は、
和風ローストビーフが食べたくなって、
クックパッドのレシピをつかって作りました。
07022017Niku.jpg
塊が大きくて、ちょっと生々しいところは
でこ君が食べました。
私ははじっこのもう少し火の通ったところを。。。
うまうまでした(^.^)

やる気ついでに、久々にもみちゃんと
ポールで軽く遊んでみました。
久々の馬場でのエクセサイズに
「ええ!モミは引退したんでなかったの」と動揺を隠せないモミちゃん。
07022017Momi.jpg
結構、イケイケにはしゃいでました。

一方、息子のサマちゃんは、
放牧仲間とお昼寝。
07022017sama.jpg
ドロドロ可愛い子。

| 日記 | 22:59 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

弾丸2泊、トロント旅行顛末!

長いです。ごめんなさい。

さてさて、今度は、北米に登場です。

金曜日の午後にヒースロー発、
月曜日の午前にヒースロー着、
弾丸トロントツアー2回目・・・・
(11月にも同じような事をしました・・)

今回は、北米を襲った寒波のお陰で、
冷や冷やしていたけれども
フライトはキャンセルにはならず・・・・。
でも、4時間遅れで出発。
しかも、UAとの共同運行便であることは知っていたものの
実際みてみると、4便位の共同になっているー( ̄□ ̄;)

と言うわけで、満席満席。
しかも、インドから経由便と合同になって、
マジですか〜?みないな行動をする人たちがいっぱいいて
ある意味面白かったけど、
キャビンアテンダントはとっても大変そうでした。

直前までマイナス19℃、体感気温マイナス33℃などの予報だったトロント、
降りたってみると、気温はプラス・・・・。

スンゴイ厚着してきたのにー!!

到着後は直ぐにホテルにチェックインして、就寝・・・。

翌日は、
ナショナルジオグラフィックに、
世界で一番のフードマーケットに選ばれたという
まずはセントローレンスマーケットに出発。

th_IMG_2380.jpg


活気があふれる屋内マーケット!

肉ヤー!
th_IMG_2384.jpg


魚ヤー!
th_IMG_2385.jpg

が沢山。
どれも美味しそう・・・・。
その他にも、チーズとかスパイスとかいろいろありまして、
この付近に普段すんでいたら、毎日の食材はここで買うのになー。
旅行者なのが、少し残念。

マーケットで、フィッシュ&チップスを食べてから、
オンタリオ湖畔まで
でて見ました。

凍ってる!!

th_IMG_2394.jpg
(これはコートの中にリュックを背負っているから膨らんでいるのです)

まあ、凍っている湖が見たかったけれども
風景とは裏腹に暖かいです・・・・。
気温8℃・・・・。
th_IMG_2398.jpg

この後は、
カナダ、オンタリオ発のアパレルROOTSでお買い物。
ビーバーのロゴが可愛い(^.^)

そして夜は、早めに
北海道ラーメン、山頭火にて、
豚骨ラーメン!
th_IMG_2406.jpg
カナダまできて、何食べてんだか・・・・・。
うまいのぉ〜

そして、この旅のメインイベント!
レ・ミゼラブル!!!
(え、又?と思ったあなた、正解です。11月も
わざわざトロントまで来て、観てます・・・・)

11月に2晩連続で観て、
満足してイギリスに帰ったのですが、
12月に1月11日に、
1回限りのチャリティ公演があり、
なんとなんとなんと
オリジナルロンドン版の主役、コルム・ウィルキンソンが神父役で
特別出演するとな!!!
コルムのBring Him Homeは、生歌で聞いて見たい!
と思ったら、いても立ってもいられず・・・・。

来ちゃいました。
th_IMG_2413.jpg

憧れの大先輩と同じステージに立ち、
すんごく演技に力が入るラミン。すごくよかったー!
もちろん、コルムの神父さまもよくってー!
最後には二人でBring Him Home!
ああ、もう意識が遠くなりそうでした。

th_IMG_2418.jpg

ステージドアにまわって見たけれども、
凄い人だかり。
しかも、こういうショーの後は
みんなでパーティしているから
1時間位待って見たけれども、
今回は諦めて帰りました(T。T)

日曜日は、とくに予定はなかったのですが
夜の11時過ぎのフライトで帰路につく予定。

だけれども、頭痛でダウン・・・・
旅行前から、職場でゴホゴホしている人がいて、
うつさないでーとおもっていたけれども
興奮と、8時間のちょっと愉快なフライトでの
疲れがたまって出てきてしまった感じ。
でこ君がチェックアウトの時間をかえてくれ、
お薬も買ってきてくれたので、
飲んで4時間位ねて、復活

復活ついでに、
Hudson Bay Centreまでいけるほどに。
いいねー、ハドソン・ベイ・ブランケット。

その帰りに、北米ビーフが食いたい!!!というでこ君につきあって、
ステーキ・・・。
th_IMG_2433.jpg
私はチキンサラダだけど、
揚げチキンで、かなりこってりしてました。
素直にステーキサラダにしておけば良かった。

満腹を抱えて歩いていると、
パカポコと懐かしい音が!
振り返れば、騎馬警官!
カナダでやっとみた馬だ!
th_IMG_2434.jpg

パカポコと、
怪しいラップダンサー倶楽部の前を平然と歩いていきます。
th_IMG_2435.jpg
夜のパトロールなんだから、
警官も反射板つけたらーと思ったりして・・・。

最後に馬が見れてラッキー。
本当は、Horse Palaceも見学に行きたかったけれども、
まあ時間がないかなとおもっていたのでした。
もし3度目のトロントがあれば、いこーっと。

カナダ滞在中の私の飲み物はひたすら
カナダドライ!
th_IMG_2442.jpg
イギリスのジンジャービアより
辛味が少なくて、グー。

帰りの飛行機も30分位遅れたし、
また、インド行きの経由便もくっついて
楽しいような、辛いような、満席満席・・・。

バイバイ、トロント!
th_IMG_2449.jpg

そして、ハロー、ロンドン!
th_IMG_2455.jpg

2泊だけれども、
中身が濃ーい週末でした。

うふふ。






| 日記 | 20:18 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Burghley Horse Trials 2013



この土曜日は、毎年恒例となりつつある
Burgley Horse Trialsへ、
日本からの馬好きさん達を満載して観戦にいってきました。



毎年同じ店の並びなので、
トンブー夫婦は新しい感動はないものの、
皆さんが大はしゃぎする様が
とても嬉しかったです。

エルメスの出店で、
鞍の作成のデモンストレーション。
ひと鞍作るのに24時間かかるそうです。
th_IMG_3611.jpg
中古のエルメス鞍が沢山ありました。
いかかですか。安いのは3150ポンド位でしたよ(^.^)

去年のオリンピックの総合馬術の野外走行の
最後のフェンスのオブジェを作ったところのお店。
蹄鉄を繋ぎ合わせたお馬のオブジェ。
th_IMG_3619.jpg

こちらは別のお店の大きな馬の頭部のオブジェ。
これは、欲しいなぁ。
(どこにおくだよっ)
th_IMG_3644.jpg

イギリスのエース、
憧れのウィリアム・フォックス-ピット選手もみれた!
th_IMG_3642.jpg
こちらは準備馬場で。
ノッポの彼がのるとみな小さい馬にみえますね。

サイン攻めにあっているMary King女史をこそっと激写。
th_IMG_3645.jpg
英国オリンピック選手です!

お天気にも恵まれ、楽しい仲間にも恵まれ
楽しい一日でした。
いつもより多く歩いて、へとへとだったけれども。
th_IMG_3647.jpg
ちなみに、私が後生大事に抱えているのは
バーゲンでゲットしたAriatのブーツ。

今回の発掘ものは
馬専門書屋さんでゲットした
Gillian Higginsさんのサイン入り馬のストレッチ・ピラテス本。
th_IMG_3673.jpg

これでモミちゃんをストレッチ!

PS なんで私のブログの体裁、こわれてしまっているのだろう・・・。
なにも触ってないのになぁ。うーん。

| 日記 | 21:32 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Strawberry Fair ’13


毎年恒例のケンブリッジストロベリーフェアーに出没です。

Strawberry Fair in Cambridge.

さわやかな名前とは裏腹に、
ヒッピー臭の強いフェアで、
もちろんイチゴはどこにも見当たりません。

なぜかこのフェアにはジャマイカンの露天が複数でるので、
毎年、それが目的です。
初ジャマイカンはこのフェアでした。

Come to grab some Jamaican for lunch.


010613-1.jpg

ジャマイカンのゴートカリー&豆ご飯+揚げプランティン+揚げ団子(左)と
モロッコ料理のタジン・チキン+クスクス。
Goat Curry + pea rice
Tasin chicken + couscous.
010613-6.jpg
両方とも旨かった〜〜〜〜〜!
Absolutaly delicious!


そして、最近イギリスで、はやりのカップケーキ。
若いお嬢さん達がこぞって
カップケーキ屋さんを始めています。
彼女は比較的昔から見かけるお店のお嬢さんで、
見事なカップケーキを並べていました。

Found cup cake store!
I've tasted her cake before, and hers is gooooooooood!
010613-4.jpg


もちろん、お買い上げ。
Of course, I'm taking some home.

010613-5.jpg
イギリスにしては、甘すぎず、
こちらも美味しかった。
明日の分もある(^_-)

Delicious. And I've got some more for tomorrow.


そして、最後に搾りたてレモネード屋さん。
Flesh squeezed Lemonade.
010613-2.jpg
おっちゃんがだるそうに混ぜてくれた飲み物は
「アラビアンナイト」
レモン+ミント+シナモン+アニスシード味。
イギリスで始めて美味しくて、爽やかで、甘すぎない飲み物に出会った!!
でもカスを避けながら飲むのが大変だったけどね。

Tried the one called 'Arabian Night'
with mint, cinnammon, aniseed.
Super nice drink!

食い倒れ、ストロベリーフェアー、万歳!

| 日記 | 22:02 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT